[クリスチャンマリア/苦しい]安全に着用するポイント

クリスチャンマリアが苦しい

クリスチャンマリアは着圧機能のあるナイトブラです。

バストの周辺のお肉をカップに集めてバストを固定し、バストの脂肪の横流れやクーパー靭帯への負担を減らし、理想的なバストに整えてくれます。

しかし、使い方を間違えるとバストケアどころか、苦しくて体調不良を起こしたり、痛みやかゆみ、かぶれなどを起こす恐れもあります。

クリスチャンマリアを安全に快適に着用するためのポイントを押さえて、しっかりとバストアップができるようにしましょう。

\満足度92%以上!/

クリスチャンマリア着用ポイント1)苦しいほど締め付けない

クリスチャンマリアには、フロントのサイドに3段階のホックが左右に2カ所付いています。

ワキの下や背中のお肉をカップに集めて、ベルトをクロスさせてホックに留めるのですが、必要以上に締め付けないように注意しましょう。

ナイトブラ初心者は、どうしてもバストを固定することに固執してしまい、苦しいほど締め付けてしまうことがあります。

クリスチャンマリアは伸縮性に優れていて、左右のベルト、パッド、肩紐がしっかりとバストを包み込んでくれるので、心地いい程度の締め付けでもしっかりとバストをホールドしてくれます。

ちょうど寝る時に違和感が感じないように、すぐに寝る態勢に入れるくらいの心地よさで使用してください。

口コミでも着心地抜群と評価の高いクリスチャンマリアはこちら

クリスチャンマリア着用ポイント2)睡眠時の蒸れに注意

寝る時に下着を一切着けないという人もいますが、寝る時に下着を着けることになれていないとクリスチャンマリアの中が蒸れることがあります。

いつもと同じような室温や布団で寝たとしても、一枚下着が増えることで汗をかいて蒸れることがあるのです。

とくにクリスチャンマリアは肌と密着性の高いナイトブラなので、蒸れてしまうと肌質によってはかゆみやかぶれなどが起こってしまいます。さらに寝ている間に無意識にかきむしってしまうと肌にダメージを与えかねません。

クリスチャンマリアを着用して寝る時には、室温や布団、パジャマなどで快適な環境に整えて、睡眠の質をあげるようにしましょう。

クリスチャンマリア着用ポイント3)妊娠中や授乳中は使用しない

クリスチャンマリアは着圧機能があるので、妊娠中や授乳中などバストが変化しやすい時期には着用しないようにしてください。

妊娠中や授乳中は女性ホルモンの分泌が活発になって、母乳を生成するために乳腺も発達して胸も張ってきます。

そんな時にクリスチャンマリアのような着圧機能のあるブラを付けると、バストの成長が妨げられてしまい身体によくありません。

妊娠中や授乳中はクリスチャンマリアの着用はいったん止めて、締め付けがゆるめのマタニティブラでバストを保護するのが良いでしょう。

\60万枚以上の販売実績/

[クリスチャンマリア/苦しい]胸に痛みを感じた場合

クリスチャンマリアが痛い

クリスチャンマリアのようなナイトブラを着用している人の中でも、稀に痛みを感じる人がいます。

痛みといっても内部的な要因と外部的な要因があるので、まずはどんな痛みなのか、どこが痛いのかを特定する必要があります。

痛みの原因がわかれば、適切な対処法を取れます。どうしても痛みがおさまらない場合は、クリスチャンマリアの使用を中止して、かかりつけの医師などに相談したほうが良いでしょう。

痛みで苦しい1)クリスチャンマリアに慣れていない

痛みを感じる原因の多くは、初めてナイトブラを着ける人で、「ナイトブラに慣れていない」場合が多いです。

ナイトブラを初めて着用する場合、昼用のブラジャーとの着心地の違いに違和感を感じます。

クリスチャンマリアのようなナイトブラは、全方位から胸をホールドするので、初めての場合窮屈さや苦しい印象を感じることがあります。

しかし、それは一時的なものであり、1週間ほど着用すれば慣れていきます。もちろん、最初に着用した時から着心地の良さを感じる人もいます。

慣れると寝ている間のバストの揺れの不快感がなくなって、今までより睡眠の質も上がり、バストの成長も促します。

痛みで苦しい2)クリスチャンマリアのサイズが合っていない

クリスチャンマリアのサイズが合っていない原因には大きく2種類あります。

ひとつは「サイズ調整が間違っている」ということです。クリスチャンマリアは、サイドにあるホックでフィット感を調整するようになっていますが、締め付けすぎると痛みを感じてしまいます。

もう一つは「体型とクリスチャンマリアのサイズが合っていない」場合です。

クリスチャンマリアは、アンダーとトップのサイズに適用範囲があり、その範囲外の体型の人が着用するとフィットしない場合があります。

とくに、適用範囲より体型が大きい場合は、クリスチャンマリアの締め付けがきつくなるので痛みが増します。

購入するときには自身のバストサイズとクリスチャンマリアの適用サイズの範囲が合っているかよく確認しましょう。

痛みで苦しい3)クリスチャンマリアの圧迫感・締め付けが強い

クリスチャンマリアのパッドはバストを効果的にホールドできるような独特な形状をしています。

パッドはクリスチャンマリアから取り外すことができ、洗濯するときには別々に洗うことが推奨されています。パッドを洗った後にパッドの形が崩れやすいので、整えてから入れるのが良いのですが、崩れたまま使用すると、正しくバストが固定されないので痛みにつながる可能性があります。

また、バストがそれほど小さくない場合、パッドをいれることで圧迫感が生まれ、痛みを感じることがあります。その場合は一度パッドを外してみるか、ホックの調整位置を変えてみるなど調整してみてください。

痛みで苦しい4)クリスチャンマリアのホックなど金属が当たる

クリスチャンマリアのホック金具

クリスチャンマリアにはフロント側のサイドに左右2か所、3段階ホックが付いています。

背中ではないので仰向けに寝る分には、金具が当たったりすることはないのですが、横向きや、ややうつむき加減で寝る人は金具が当たる場合があります。

基本的にはサイドに付いているので、寝相の悪い人でもあまり気になることはないのですが、痩せ型の人や寝返りの仕方によっては違和感があることがあります。

クリスチャンマリアの金具の位置は変えられないので、その時はクリスチャンマリアが合わなかったとあきらめるか、寝る姿勢を変えるかするしかありません。

痛みで苦しい5)筋肉痛の可能性

クリスチャンマリアを着用しはじめた頃であれば、筋肉痛の痛みがある可能性もあります。

クリスチャンマリアのような着圧機能があるナイトブラを着用すると、普段刺激されない筋肉が刺激されて、翌日などに筋肉痛が起こることがあります。とくに大胸筋や広背筋などに刺激を受けやすいです。

ただ、筋肉痛であれば2~3日で回復して痛みはなくなるので、しばらく様子を見て、痛みが無くなったら特に問題はないでしょう。

しばらくたっても痛みが引かない場合は、筋肉痛以外の可能性があるので、原因がわからない場合はクリスチャンマリアの着用を止めて医師に相談しましょう。

[クリスチャンマリア/苦しい]肩こりが起こる可能性はある?

クリスチャンマリアで肩こり

クリスチャンマリアの口コミでも肩こりが起きたという人がいました。しかし、肩こりはノーブラのほうがバストの重みが直接肩にかかるので肩が凝りやすいはずです。

クリスチャンマリアは、バストを重力から守り、肩の負担は軽減されているはずなので、肩こりは起こりにくいと言えます。

とはいえ、口コミでは肩こりを訴える声もあるので、どこに原因があるのか可能性を考えてみます。

姿勢が悪くて肩こりが起こる

肩こりはクリスチャンマリアが直接の原因でない場合があります。

例えば昼用のブラジャーを新調して新しくした場合、肩紐が食い込んだり、締め付けがきつくて血行が悪くなることがあります。

肩こりは血行の悪さが原因なので、昼用のブラジャーが合っているかチェックしてみましょう。

クリスチャンマリアが原因の場合は、サイズ調整できつく締め付けすぎている可能性があります。

きつく締めると肩やアンダーバストが締め付けられて血行が悪くなり、肩こりが起こってしまいます。

あとは、日常生活の姿勢の問題もあります。

肩こりやデスクワークなど、身体を動かさずに固定し続けることで血行が悪くなり起こります。または、スマホを見すぎて首の重さで肩に負荷がかかっても肩こりにつながります。

そういう運動しない習慣がある人は、たまに休憩して手足を動かして肩をほぐすように心がけましょう。

肩や身体を冷やして血行が悪い

クリスチャンマリアを着用する以前に、冷え性などがあると肩こりになりやすいです。

身体が冷えると血流が悪くなり、筋肉が凝り固まって肩こりやむくみが起こります。血行を良くするには筋肉を動かすことが大切です。

とくに女性は筋肉量が少ないので、運動することで身体を温めながら筋肉も鍛えると肩こりを予防できます。

クリスチャンマリアの温度上昇

クリスチャンマリアは、着用することで巡りケアやツボ押しの効果も期待できるので、着用後に体温が上昇するようになっています。

身体がポカポカしてくると肩こりもほぐれやすくなります。

[クリスチャンマリア/苦しい]かゆみやかぶれが起こる原因

クリスチャンマリアのかゆみ

クリスチャンマリアの口コミでは、着用してかゆみを感じるという声もありました。

クリスチャンマリアのような肌にぴったりとフィットさせる下着類は、環境や気温、湿度によって蒸れて、かゆみを生じさせることもあります。

また、クリスチャンマリアの素材である化学繊維は速乾性に優れているので、蒸れにくいのですが、天然繊維より硬いので肌に刺激を与えやすく、肌が弱い人はかゆみを生じる場合があります。

クリスチャンマリアでかぶれる

皮膚に直接触れたものが原因で起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)といいます。原因となる外的刺激がはっきりとわかっている場合に使われ、身の周りにある全てのものがかぶれの原因となる可能性があります。-引用:タケダ健康サイト

衣類かぶれは衣類と肌が接触することによって起こりますが、肌質や肌の乾燥度合い、衣類の素材の違いによって、かぶれの起こり方は変わります。

衣類かぶれは下着類など肌に直接触れて、締め付け感のあるものが起こしやすいですが、単純に締め付けが原因ではなく、衣類に使用されている染料や、洗濯の洗剤や柔軟剤、防臭・抗菌加工のために使用された成分などの可能性があります。

また、夏場など汗をかきやすいシーズンは、雑菌も繁殖しやすくなるので、肌への刺激も感じやすくなります。

衣類かぶれは肌質やアレルギーなど体質にもよりますが、予防策としては肌をできるだけ乾燥させないように、ボディクリームなどを塗ると良いでしょう。

クリスチャンマリアの化学繊維で蒸れる

クリスチャンマリアの素材であるナイロンやポリウレタンなどの化学繊維は、スポーツウェアなどにも使われるように速乾性がありますが、通気性はあまり良くないので蒸れやすいということがあります。

クリスチャンマリアを着用するのは寝ている間なので、汗をかきやすく、蒸れやすい場合があります。

蒸れを軽減するには、まずパジャマの素材を見直すことをおすすめします。

パジャマに吸湿性と放湿性に優れた素材のものを着用すれば、汗がこもらずに蒸れにくくなります。

また、エアコンなどを活用して寝室の温度や湿度を調整するのも効果的です。

クリスチャンマリアを上手に快適に利用してバストアップを目指してください。

\人気のナイトブラ♪/